Hapa英会話・完全版の学習方法と内容

 

 

では、このページではHapa英会話・完全版の学習方法や内容について
できるだけ分かりやすく公開していきたいと思います。

 

教材のセット内容は「CDが18枚 DVDが1枚 テキストが2冊」というかなりの大ボリュームの教材です。

 

■CD18枚
(英語だけのものが9枚、英語→日本語の順で流れるものが9枚のセットです)

 

CD1 カフェ編、ファストフード編、道案内編
CD2 ショッピング編
CD3 ホテル編
CD4 レストラン編
CD5 リエゾン、カタカナ英語の改善、砕けた英語
CD6 トラベル英会話で使える100フレーズ
CD7 機内編(飛行機の中の会話) Immigration(入国審査) 税関 荷物受取所
CD8 タクシー編 スターバックス編
CD9 マクドナルド編 バー編

 

これに「DVD1枚」と「テキスト2冊」が付属しています。

 

教材の全セット内容

 

もちろん、教材の量が多ければいいってものではありませんが、
このセット内容で19,800円という価格は、他の教材と比べてもかなりリーズナブルな設定ですし、
1年間という長期の「返金保証」が用意されているのもかなり良心的な姿勢を感じます。

 

でも、やはり肝心なのは教材の「中身」です!
学習方法や教材の内容をしっかり見ていきましょう!

 

まず、前のページでも触れましたが
「Hapaトラベル英会話 完全版」の特徴的なポイントを改めてまとめておきたいと思います。
そして、そのポイントごとに教材の内容をご紹介していきますね。

 

「Hapa英会話 完全版」の特徴的なポイント

 

●ロサンゼルスで人気の日本人向け英語学校の学習方法をそのままパッケージ。
●「トラベル英会話(旅行用の英会話)」の形をとっているが、「日常英会話」全般が身につく。
●もっとも早く学習するために「話す」ことを優先。「聞く」ことはその後で身に付ける。
●フレーズの丸暗記に頼らず、その場の「会話の流れ」を意識した学習法。

 

 

教材の詳細をすぐ確認したい方は⇒ 【Hapa英会話 完全版】トラベル&日常会話 両方OK!

 

 

 

では、このポイントを追って内容を見ていきますね!

 

 

●ロサンゼルスで人気の日本人向け英語学校の学習方法をそのままパッケージ。

 

 

CDの素材

 

 

「Hapa英会話」はBYB English Centerの校長であるセニサック淳さんが開発した英会話教材です。

 

BYBは、突然アメリカへ赴任を命じられたビジネスマンやその家族に、
短期間で日常の英会話を身につけさせることを目的とした学校です。

 

また、セニサック淳さんは英語と日本語の完璧なバイリンガルなので
日本人が英語を学習するときに、どこでつまづいてしまうかをとてもよく理解している人なんですね。

 

ですから、日々の学校でのレッスンを通して

・どうすれば日本人が効率的に英会話を身につけられるのか
・どうすれば挫折することなく続けることが出来るのか

をしっかりと掴んだうえで教材が作られています。

 

教材の開発に2年以上をかけているだけあって、そうしたアイデアはよく練られていますし、
ていねいに作られているなー、と感心させられます。

 

もちろん、先生と実際に対面してマンツーマンで授業を受けるのが理想なのでしょうが、
可能な限り、その雰囲気をそのまま感じられるようにCDの音声やテキストが分かりやすく作られています。

 

 

●「トラベル英会話」の形をとっているが、「日常英会話」全般が身につく。

 

旅行用英会話

 

「トラベル英会話」っていうと、やっぱり
「旅行の場面でしか使えない英会話」って感じがしちゃいますよね。

 

でも実際の「Hapa英会話」は、形としては「旅行の会話」がテーマになっていますけれど、
幅広く応用が利くので、日常的な場面の全般で使える英会話が身につくんですね。

 

基本的なフレーズから応用編、さらにもっと応用を効かせた会話ができるようになるので、
くり返し学習していくうちに、どんどん新しい発見があるんです。

 

Hapaの英語は、「覚える」⇒「使える」⇒「使ってみたくなる」という感じですね。

 

 

●もっとも早く学習するために「話す」ことを優先。「聞く」ことはその後で身に付ける。

 

これも「Hapa英会話」の大きな特徴のひとつです。

 

セニサック淳さんが日本人に英語を教えてきた経験の中で、
いかに短い期間で英語を身につけさせるかということを考えた場合、
一番重要なのは「話すこと」と「聞くこと」をとりあえず分けて考えるということ。

 

そして「話すこと」を最優先させるこが、
日本人が英語を学習する場合に最も大切なことだというんです。

 

かといって「聞くこと」をないがしろにしているわけではなく、あくまでも「優先順位」の問題です。

 

これは、教材の中でも触れられているんですが、
ネイティブのアメリカ人だって、相手のいうことのすべてを正確に聞き取れているわけじゃないんです。
「全部聞き取れてるわけじゃないけど、なにを言ってるかはわかる」・・・みたいな。

 

これは日本人だって同じですよね?
私たちの日本語での会話だって、相手のいうことが完全に聞き取れているとは限らない。
でも、単語がところどころ聴こえてたり、その場の話の流れで相手の言うことを理解するってことは日常的なことです。

 

話す方が苦手

だから、「聞く」方は後から学んでも何とかなるから、
とりあえずは自分の気持ちを伝えるために「話すこと」から優先して練習するべきだし、
これこそが挫折しないで続けられる、最大のコツになるんですね。

 

例えば、日本にいて外国人に話しかけられた場合、いくつかの単語が聞き取れて
「あ、この人は●●へ行きたいんだな」とか
「○○って店を探してるんだな」っていうのはなんとなく分かったんだけれど、
それを英語でどう説明していいのかわからない!って悔しい思いをすることもありますしね。

 

やっぱり、話せることが英語を楽しくしてくれるっていうことでしょう。

 

「話す方を優先」と割りきってしまうのが「Hapa英会話」の良さ。

 

「じゃ、英語を聞く方はどうなるの?」という点ですが、
これはセニサックさんの音声CDをくり返し聴いているうちに、
耳が自然に英語になじんでいくので十分カバーできるという考え方。

 

これまでの教材だと、下手をすれば相手側の質問の文章まで
全部覚えなきゃいけないようなムダがありましたが、
「Hapa英会話」は、「聞く方は、ひとまず何を言ってるかさえわかればいい」という考え方なので
日常会話が短期間で身につけられるんですね。

 

テキストを見てください。

 

テキスト

 

このように、CDの音声は、

相手のセリフは「英語⇒日本語」の順、
こちらの話すセリフは「日本語⇒英語」の順

で流れます。

 

だから、相手のセリフをすばやく日本語に置き換え、
こちらの言いたいことはすばやく英語に言いかえる訓練が自然にできるようになっています。

 

ファストフード店

ここでひとつ、CD音声の例を聞いてみてください。

 

相手のセリフは「英語⇒日本語」の順、
こちらの話すセリフは「日本語⇒英語」の順でながれます。
クリック⇒ CD音声の一例
※スマートフォンでは再生できないことがあります。ご了承ください。
※音声が流れます。音量にご注意ください。

 

 

どうでしょうか。
「あー、こんな時は、こんなふうに言えばいいんだ!」っていう気付きもありますし、
こうした学習方法ならなんとなく続けていけそうな気もしますよね。

 

 

●フレーズの丸暗記に頼らず、その場の「会話の流れ」を意識した学習法。

 

宇宙人

「聞き流すだけ」を売り文句にした英語教材もたくさんありますが、
言うまでもなく「聞き流すだけ」では英語は身につきません。

 

それは、ロシア語をどんなに聞き流しても、単語すら知らないロシア語は身につかないし、
宇宙人の会話をどんなに聞き流しても、宇宙人と会話できるようにはならないのと同じこと。

 

知らないものは、どれだけ聞き流しても理解できることはありません。

 

一方「フレーズを暗記する」というタイプの英語教材もありますよね。
日常会話でよく使われる英語のフレーズを丸暗記しましょう、というものです。

 

この「フレーズ暗記型」は、英語の学習法としてはかなり有効だと言われているのですが、
難点は「本当にそんなに覚えられる?」という点です。

 

覚えるフレーズの数は教材によってかなり違いがあって、
少ないものだと80くらい、多いものだと2,000とか6,000とかいうものまであって・・・
いずれにしても、記憶と忍耐に自信のある人しか続けられない可能性があります。

 

では、「Hapa英会話」はどうか?

 

Hapa教材全セット

どちらかといえば「フレーズ暗記型」に近い教材なのですが、
フレーズを丸暗記するというよりは、その場の会話の流れの中で
様々な会話のフレーズや、英語ならではの言い回しなどを覚えていきます。

 

具体的にその会話を使うシーンで覚えていきますから、
単純な暗記作業よりも楽しいですし、覚えやすいと思います。

 

たとえば、単純に
「私は犬が好きです」
「私は犬が好きではありません」
「私は白い犬が好きです」
「私は白い犬は好きではありません」・・・・

 

って無機質なフレーズを覚えていくよりも、
ファーストフードで実際に使える会話として覚えていく方が、
ずっと脳ミソが働いてくれそうな気がするんですよね。

 

日本の英語学習の第一歩が「This is a pen.」だったりしますが、
「これはペンです」なんて実際に言うこと、まずないですから(笑)

 

実際に使う英語を、使う場面で覚えるっていうことが大切なんですね。

 

教材の詳細を確認したい方は⇒ 【Hapa英会話 完全版】トラベル&日常会話 両方OK!

 

 

では、次のページでは「Hapaトラベル英会話」の効果やメリットなどについて考えてみます。

 

次のページへ⇒ Hapa英会話の効果とメリット

 

 

▲トップページへ戻る

 

当サイトだけのVIP特典付きのお申し込みは…

 

 

このサイトを経由して「Hapa英会話」をお申し込みの方だけに

 

特別なVIP特典をご用意させていただきました。

 

特典セットの内容、お受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典内容を確認する

 

さらに!期間限定で、V.I.P.特典」を追加しました!

 

 

期間限定の特別特典として「レベッカ先生のエブリディ英会話」を
3 か月無料で受講できる権利をプレゼントします。

 

レベッカ先生のエブリディ英会話

通常、レッスン費用3,000円が「3ヶ月間」無料で受講できます。

 

本来は、リスニングパワー購入者にお付けしていた特典でしたが、
希望者が多かったためHapaトラベル英会話 完全版にもお付けします。

 

「レベッカ先生のエブリディ英会話」は、
ネイティブ英会話講師が厳選した「英語フレーズ」を、

 

ゆっくりスピード、ナチュラルスピードの2段階の音声と
ネイティブの英会話を録音した音声で、毎日メールレッスンが届く講座です。

 

※もちろん3ヶ月後に退会するのは全くの自由です。
 継続を希望される場合は、月額1,000円で申し込むことも可能です。

 

くわしくは・・・ 「レベッカ先生のエブリディ英会話」

 

 

 

全ての特典付きのお申し込みは、下のボタンをクリックして「公式サイト」から

 

「Hapaトラベル英会話」公式ページへ